もっと広めていくべきこと

work laptop

日本人のクレジットカード保有率は世界的に見ても非常に高いものです。不景気と言われてはいるものの、日本が豊かな国であることは間違いありません。クレジットカードの保有率の高さがこれを物語っているでしょう。
ですが、クレジットカードの保有率が高い一方で、利用率が低いという問題があります。つまり、クレジットカードを持っているものの、実際に使っているという人が少ないというわけなんです。
日本人のクレジットカードの利用率が低い理由はいくつか考えることができます。一つは治安が良いということです。治安の悪い国では、現金を持って歩くことができずに、クレジットカードを利用することが多いんです。ですが、日本は非常に治安が良いために、現金を持ち歩くことができます。クレジットカードを利用する機会がないんです。
そして、もう一つの理由がクレジットカードはショッピングでしか利用できないと思っていることです。クレジットカードはショッピングでしか利用できなと思っているんです。ですが、それは大きな間違いです。クレジットカード現金化という利用の仕方があるんです。
クレジットカード現金化という利用の仕方があることを多くの人が知れば、クレジットカードの利用率も高くなるでしょう。クレジットカード現金化を多くの人が利用すれば、幸せなに生きていける人も増えます。日本でクレジットカードの利用率を上げていくためには、クレジットカード現金化について広めていくことが必要不可欠となるはずです。